about

大会概要

大会概要

種目:種目 / 制限時間 / 定員

  • 65kmソロ 制限時間 17時間 800名
  • 65km駅伝 制限時間 17時間 50組
  • 65kmペア 制限時間 17時間 50組
  • GTNS 37kmソロ 制限時間 9時間30分 300名 ゴールデントレイルナショナルシリーズジャパン
  • 37kmペア 制限時間 9時間30分 50組
  • 14kmソロ 制限時間 5時間 300名
  • 14kmペア 制限時間 5時間 50組

ゴールデントレイルシリーズ

「ゴールデントレイルシリーズ」はサロモンがサポートするトップアスリートが頂点を競うトレイルランニングレースのワールドシリーズです。
「ワールドシリーズ」、隔年開催の「チャンピオンシップ」と、国別シリーズである「ナショナルシリーズ」、あわせて3つのシリーズで構成されます。

ゴールデントレイルナショナルシリーズ ジャパン

アジアでは初となり、2022年に誕生する「ゴールデントレイルナショナルシリーズ ジャパン」はシリーズ4戦とナショナルファイナル1戦の合計5戦で開催され、ナショナルファイナル終了後の総合ポイントランキング上位3名の男女を今年の10月26日にスペイン・マデイラ島で開催の「ゴールデントレイルナショナルシリーズグランドファイナル」に招待します。そして、「ゴールデントレイルナショナルシリーズグランドファイナル」の男女上位3名は2023年開催の「ゴールデントレイル チャンピオンシップ」への招待券「ゴールデンチケット」が進呈されます。

詳しくはゴールデントレイルシリーズサイトをチェック!

参加費

  • 65kmソロ 18,000円(学生 13,000円)*宿泊補助券5,000円付き
  • 65km駅伝 48,000円/3人1組(学生 39,000円)*宿泊補助券15,000円/1チーム付き
    ※基本は3人1組ですが2人1組の参加も可能です。
    (33,000円/2人1組(学生26,000円)*宿泊補助券10,000円/1チーム付き
  • 65kmペア 32,000円(学生21,000円)*宿泊補助券10,000円/1ペア付き
  • GTNS 37kmソロ 10,000円(学生7,000円)
  • 37kmペア 19,000円(学生13,000円)
  • 14kmソロ 7,000円(学生4,200円)
  • 14kmペア 12,000円(学生8,000円)

※大会主催者がココヘリ発信機を貸与します。個人でココヘリに加入している人はエントリー時にご自分のIDナンバーを記入してください。割引が適用されます。(1,000円/1人)

※申込時点でココヘリレンタルを希望された場合、申込後にココヘリに加入しても割引の対象にはなりませんのでご注意ください。

※6時間トレイルリレーはココヘリを持参する必要はありません。

※学生:中学生/高校

※参加費にはすべて傷害保険が含まれます。

※中止の場合でも、参加費の払い戻しはいたしません。

※宿泊補助券利用方法
宿泊補助券は野沢温泉観光協会提携宿泊施設でのみ利用可能です。また他人に譲渡することはできません。
1.宿泊先の確認
宿泊券利用可能宿泊先は4月24日から野沢温泉観光協会HPにて掲載予定です。
こちらに掲載されていない宿泊施設に宿泊すると宿泊補助券は利用できません。その場合宿泊費用は全額自己負担となります。
2.宿泊申し込み
宿泊先が決まりましたら必ず野沢温泉観光協会から申込みください。
3.宿泊補助券の引き渡し
7月16日(土)野沢温泉スパリーナにてレースの受付を行います。
受付後に同会場にある野沢温泉観光協会の窓口にて宿泊補助券をお渡しいたします。
宿泊券利用可能宿泊先以外の施設をご利用されても参加費は変わりません。

スケジュール

  • 2022年7月16日(土)

  • 14:00~17:00
    <<65km / 37km / 14km>>
    前日受付(野沢温泉スパリーナ)
  • 2022年7月17日(日)

    場所はすべて「オリンピックスポーツパーク」となります
  • 6:00~6:30
    65Km 受付
  • 7:00
    65kmソロ、65km駅伝、65kmトリプル スタート
  • 8:30~9:00
    37Km 受付
  • 9:00~9:30
    14Km 受付
  • 9:30
    37kmソロ、37kmペア スタート
  • 10:00
    14kmソロ、14kmペア スタート

受付

※受付時にてゼッケン・ランナーズチップ・ココヘリ発信機・参加賞をお渡しいたします。

※個人でココヘリに加入している方はココヘリ発信機を忘れずにご持参ください。忘れた場合は1,000円で発信機を貸与します。

スタート

※各種目ともにスタートはウエーブスタートを予定しています。スタート10分前には会場へお越しください。

※会場へ到着後は誘導スタッフの指示に従って整列してください。

※初めて参加する方や競技初心者の方には必ず大会公式サイトの競技説明を視聴してください。

※当日受付でもスタート前に注意事項の説明は行います。

コース

コースには参加選手の皆様が迷わないように、案内サイン(矢印)、コーステープ、等を設置しておりますが、分岐地点が多数ございますので、マーキングを見落とさないようにご注意ください。

<コース案内版等掲示場所>

マーキングテープ(紅白テープ:100~300m間隔で設置。
コース案内サイン:各分岐地点 矢印で表示
コーステープ:不明瞭で必要な箇所
距離案内:5km毎
通過チェックポイント

<注意を要する箇所>

中滝/赤滝クサリ場
かざごうろ(風硴)上部の浮石ガレ場

<ミスコース>

コース案内版、コーステープなどが500m以上走っても確認できない場合は、コース案内版またはコーステープまで戻りコースの確認をしてください。

<通過チェック・関門と制限時間>

本大会の記録は、ランナーズチップを使用して各セクションのフィニッシュにて計測を行います。各通過チェックポイントにてゼッケン番号と通過時間を確認していきます。通過チェックポイントでの確認が取れない場合は失格となりますのでご注意ください。

<通過チェックポイント>
オリンピックスポーツパーク、
やまびこ駅、
小菅神社奥社付近、
灯篭木峠

<関門>
65kmクラス
長坂ゴンドラ山頂やまびこ駅第1関門:11:00
オリンピックスポーツパーク第2関門:13:00
オリンピックスポーツパーク第3関門:16:00
長坂ゴンドラ山頂やまびこ駅第4関門:22:00
37kmクラス
長坂ゴンドラ山頂やまびこ駅第1関門:13:30
オリンピックスポーツパーク第2関門:15:30

※関門時間は入った時間ではなく関門を出る時間になります。

※14Kの関門はありません。

失格

虚偽の申告をしたもの。ルール・マナーを守らないもの。携帯装備品を装備していない場合。通過チェックポイントでの確認が取れないもの。スタッフの指示に従わないもの。

リタイヤポイント

リタイヤポイントはオリンピックスポーツパーク、赤滝登山道入口、長坂ゴンドラリフトやまびこ駅、灯篭木峠に設置しております。競技を棄権したい場合は、競技役員にゼッケン番号とチップ、ココヘリ発信機を返却しスタッフの指示に従ってください。各リタイヤポイントからは定期的に車両運送を予定しております。

記録/ゼッケン

受付にてお渡ししたゼッケンを見えるように胸に装着してください。ランナーズチップはシューズに装着するタイプですのでひもの靴をご用意ください。ゼッケンを紛失した場合の再発行は致しませんのでご注意ください。万が一ランナーズチップを紛失・破損された場合は2,000円を、ココヘリ発信機を紛失・破損された場合には4,000円を後日請求いたしますのでご了承ください。

記録証

完走した選手全員に記録証を用意いたします。
以下の手順を参照しRUNNETよりダウンロードください。
①RUNNET大会結果ページから「S-Mountain The 4100D マウンテントレイル in 野沢温泉2022」を選択
②「ランナー検索」より個人記録を検索
③表示後に「記録証を作成する」ボタンからダウンロード
④フィニッシュ後30分程度でダウンロードできます。

表彰

※各部入賞者は年代別では順位の対象にはなりません。
※各部1〜3位入賞者は年代別での入賞対象にはなりません。
表彰式に参加しない場合賞品を他の参加者にお配りいたします。

事故/怪我の発生

コース上には救護スタッフを配置しております。事故の発生や怪我人を発見した場合にはすみやかに大会本部へ連絡し、直近の競技役員または救護スタッフへ知らせて下さい。また、怪我などにてその場を動く事が出来なくなった場合は、通過する選手へ声をかけて本部へ連絡するようにお願いして下さい。救護スタッフが迎えにくるまでその場を動かずに安静を保って下さい。棄権などにより下山する場合は必ず競技役員に連絡した上で指示に従って下山して下さい。

レースにかかわるサービス

荷物の保管

手荷物の預かり所は設けておりませんがオリンピックスポーツパーク内に荷物を置けるテント(デポテント)を用意致します。ご自身のゼッケン番号のテントをご利用ください。テントには監視員はいませんので貴重品などは各自で管理して下さい。

エイドステーションとウォーターステーション

エイドステーションはオリンピックスポーツパークと長坂ゴンドラ山頂やまびこ駅の2か所に設置致します。長坂ゴンドラ山頂やまびこ駅ではおむすび・野沢菜・汁物・水・塩・フルーツ・ゼリー等のご用意を予定しておりますが、必要食料は各自でご準備下さい。

トイレ

1)オリンピックスポーツパーク 2)長坂ゴンドラ山頂やまびこ駅 3)北竜湖売店 4)クロスカントリーコース入口

更衣室

女子更衣室はオリンピックスポーツパーク2階に用意しております。

持ち込みテントエリア

オリンピックスポーツパーク内に個人テント専用の設営場所を設けています。
※前日に設営は可能ですがテントでの宿泊は禁止されています。また火気の使用も厳禁です。

出店

16日(土):野沢温泉スパリーナ
17日(日):スタート・ゴール会場のオリンピックスポーツパークにて出店を予定しています。
※出店は状況によって中止になる可能性もあります。

試走/トレーニング

大会コースは登山道以外、試走できない箇所があります。
スキー場・マウンテンバイクコース等危険な箇所もございますので、試走はご遠慮ください。

装備・競技規則

健康管理

参加にあたり、健康に不安のある方は事前に健康診断を受診して頂くか、医師の診断を仰ぐ事をお勧めいたします。心臓や肺、その他臓器に持病のある方や高血圧の方、過去に大きな怪我などをなさった方などは、特に強く受診をお勧めいたします。

保険

本大会の参加にあたりましては、参加者全員を7月17日(日)午前0時から大会終了時までイベント保険に加入させて頂きます。当事務局は、この保険の範囲を超える一切の事故、怪我及びその損害賠償の責を負いません。保険料は参加費に含まれています。尚、当日は、軽度の怪我は事務局で対応させていただきますが、それ以外は近くの病院で手当てを受けていただきます。
保険内容:
ケガに伴う、治療費、入院費の全額負担
死亡、後遺障害   1.173.000円
入院保険金日額     1.500円
通院保険金日額     1.000円
保険内容以外の補償を希望する人は個人での山岳保険などに加入することを推奨します。

必須携帯装備品

<<4100D>> (*すべての競技種目共通です)

※ココヘリ発信機の携帯が必要です。
地図上に現在位置を表示できる装置(GPS)<<時計・スマートフォン可>>、ライト(予備ライト・予備電池含む)、雨具、防寒具、行動食、熊鈴、コースマップ、コンパス、ドリンク(1,000ml以上)、救急用具(非収縮性テーピングテープは必須)、携帯カップ、エマージェンシーブランケット、ホイッスル、健康保険証(レース携帯時はコピー可、原本も大会会場に持参していること)、ザック後方に取り付け可能な赤色(他の色でも可)点滅ライトを必須装備品と致します。スマートフォン(一部電波の届かない場所もあります)

※必須携帯装備品はすべての競技種目共通です。(夜間走行しない場合でも天候によっては霧の発生による視界の悪化や気温の低下があります。ライト、防寒具など上記されている必須携帯装備品はすべての競技種目に常時適用されます)

※必携品防寒具の保温性、防水性などのレベルは、選手自身の責任で決定してください。選手自身が選択したウェアを主催者はその選手の必携ウェアと判断します。

※雨具はフードつきレインジャケットとレインパンツ。どちらも〈ゴアテックス〉あるいはそれと同等の防水、透湿機能を持ち、縫い目をシームテープで防水加工してあるもの。

※すべての携行品は持つだけでなく使用できるようにしておくこと。

野沢温泉市街地及びスタカ湖キャンプ場付近は熊鈴の使用も制限いたします。

【推奨装備品】

※必須携行品に記載のスマートフォンには大会が提供するGPXデータを地図アプリに入れることを強く推奨します。推奨地図アプリ:Geographica ジオグラフィカ

※ポイズンリムーバー、手袋、キャップ、サングラス

ルール&マナー

大会場所が国立公園内であることから、自然保護を最優先事項と致します。
この大会は主な登山口などで、大会について告知をしておりますが、一般登山者を優先しますので、すれ違いや追い抜く際は声を掛け合い、互いに道を譲り合ってください。
登り優先。
走行禁止(歩く)、追い越し禁止区間がコースにはあります。必ず遵守してください。
コース上、多少の崩落個所もありますので、注意して通過してください。
コースの一部で水源協定林を通過しますので、トレイルから外れないようにして下さい。
ごみ等の廃棄は禁止です。
ストックの使用は認められますが一部使用できない区間があります。コース地図にてご確認ください。温泉街周回時は使用できません。
イヤフォン、ヘッドフォンを装着しての走行は禁止します。

中止判断基準、感染症対策について

新型コロナウイルス感染拡大による中止判断基準

「The 4100D マウントトレイル in 野沢温泉 2022」は大会概要「感染症対策について」に記した内容に沿って開催しますが社会状況によって開催中止とする場合がございます。
開催中止の判断基準は以下の通りです。

  • 長野県もしくは野沢温泉村に緊急事態宣言が発令された場合
  • 長野県もしくは野沢温泉村に蔓延防止等重点措置が発令された場合
  • 長野県もしくは野沢温泉村のコロナ感染ステージが6月22日時点で「V」になった場合
  • 長野県もしくは野沢温泉村など行政機関から中止要請があった場合

大会中止の連絡について

  • ご登録されたメールアドレスにご連絡します。
  • 大会公式サイトにて発表いたします。

大会中止になった場合の参加費について

大会が中止になった場合、準備に費やした費用を除いた金額を除いて返金いたします。

新型コロナウィルス感染拡大防止特別参加規約

  • 主催者は、競技運営目的以外に、感染症予防対策目的に個人情報を保健所・医療機関などのこれらの情報を必要とする第三者へ提供することがあります。
  • 主催者による、新型コロナウィルス感染拡大防止のための指示に従わない参加者には、他の参加者の安全性を確保するために、出走の取り消し、途中競技中止、会場での待機、会場からの退出を求めることがあります。
  • イベント終了後2週間以内に新型コロナウィルス感染症を発症した場合は、主催者に対して速やかに連絡し、同時に濃厚接触者の有無についても報告してください。
  • 後日参加者、大会関係者の中から感染者が出た場合には、保健所などの聞き取り調査にご協力いただく場合があります。
  • 出走の取り消し:
    • 参加者とその家族及び同居人について
      参加者とその家族及び同居人が開催日の2週間前以降に、発熱や感冒症状で病院受診がある場合は出走を取り消します。
      (この際、参加料の返金は致しません)
    • 以下の事項に該当する場合は、出走を取り消します。
      37.5度以上の発熱がある場合
      強い倦怠感や息苦しさがある場合
      普段より咳、痰がある場合、咽頭痛などの症状がある場合
      味覚、嗅覚に異常を感じる場合
      家族や同居人、身近な知人に感染が疑われる場合
      糖尿病などの基礎疾患があり、体調に不安のある場合
      過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある場合
      (この際、参加料の返金は致しません)
  • 会場ではこまめな手洗い、アルコール等による手指消毒を実施してください。
  • 他の参加者、主催者スタッフとの距離(できるだけ2m以上)を確保してください。(障がい者の誘導や介助を行う場合を除く)
  • イベント中に会場やコースにおいて大きな声で会話、応援をしないでください。
  • 当日は感染防止のために主催者が決めたその他の措置の遵守、主催者の指示にしたがってください。

感染症対策について【重要・お守りください】

  • 誓約書に押印の上ご提出いただきます。
  • 手荷物預かりは行いませんので、係の指示に従い指定された手荷物置き場を使用してください。
  • 基本的に更衣室はありませんので、各自更衣ポンチョやバスタオルを用意するなど来場服装等も工夫してください。
  • 会場にトイレはありますが使用前後に際して主催者が指示する手指その他の消毒方法に従っていただきます。
  • 前日及びレース前の競技説明は行いません。事前にVTRを準備しますので必ず視聴してください。
  • スタッフは常時マスクを着用します。特に参加者と対面するスタッフ、給水所スタッフはマスクもしくはフェイスシールドと手袋を着用します。
  • 参加者は走行中以外の会場内ではマスクを着用してください。(スタート整列時含む)
  • 応援者の来場、コース上での応援はお控えください。
  • スタート当日各自検温を行ってください。37.5度以上の方は競技場への入場をご遠慮いただきます。
  • スタート前に検温を行う場合があり、37.5度以上の方は出走をお断りし、会場から退場していただきます。
  • スタートはゼッケン順にウエーブスタートを予定しています。
  • 会場、コース、エイドステーションでは水、個装の携帯食など最低限のものしか用意しません。各自補給物を準備してください。
  • コース内は安全確保のため、出場ランナーのみの出走とし、自転車などの伴走はできません。
  • リザルトを掲示しますので入賞者は事務局までお越しください。
  • 大会終了後2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は速やかに主催者に報告してください。
    必ず連絡が取れるよう連絡先は申告の際間違えのないようにしてください。
  • 大会前2週間の間(開催地での宿泊時含む)は接待を伴う飲食店に立ち寄り、5名以上での会食は行わないでください。

  • 今後の新型コロナ感染の社会状況によっては変更する可能性があります。