GUESTS RUNNER

ゲストランナー



大瀬和文
中学・高校・大学と陸上競技部に所属。社会人になり雑誌ターザンの読者モデルとしてトレイルランニングを始める。長野県木曽郡王滝村へ移住し集落支援員として活動する傍ら国内外のトレイルを巡っている。

長野県木曽郡王滝村の集落支援員として村と木曽地域におけるアウトドアアクティビティーの提案を村外事業者などと行い、村内におけるイベント開催の企画・提案を行っている。また、御嶽山への登山道である御嶽古道の整備なども地元の観光局やボランティアと協力しながら行っている。また、居住する長野県内では季節問わず様々なアクティビティーが行えるので、春・夏・秋はトレイルランニングを中心に、冬はクロスカントリスキーを中心に年間通して様々な事にチャレンジしている。

2019年
The 9 doragons ultra 50/50  優勝
TRANS LANTAU 100k 優勝
100miles of Istria 100miles 優勝
Maxi Race Annecy ultra race 120km 6位
Seoul100K 優勝



浦野裕之
幼少よりクロスカントリースキーに打ち込み、トレーニングで山を走ることもしばしば。2004年にスキーアーチェリーを始め、世界大会出場2シーズン目に銀メダル、3シーズン目に金メダルを獲得。その後、本格的にトレイルランニングに取り組むようになり、国内トレイルランニングの黎明期に多数の大会で入賞。現在は信越エリアの大会を中心に出場し、トレイルランニングの魅力を広く伝えようとしている。また、冬場はクロスカントリースキーで国体に挑戦し続けている。

2009信州戸隠トレイルランニングレース 優勝 
2010バスクカップ 優勝
2012モントレイル戸隠マウンテントレイル20km 優勝
2012斑尾フォレストトレイルズ50Km 準優勝
2017野沢トレイルフェスショート12km 優勝
2018米子大瀑布スカイレースショート13km 優勝
2019信越五岳トレイルランニングレース110km 3位



反中祐介
トレイルランナー 岐阜県高山市出身。幼少期は水泳、囲碁、剣道などに没頭し、中学生になってから陸上競技を始める。大 学在学中にはランニングチームのコーチとしてビギナーランナーからシリアスランナーまで幅広いレベル の指導を経験。その中でトレイルランニングと出会う。大学在学時には健康運動実践指導者を取得し、経 験に基づくリアルな指導に磨きをかける。ランニング以外にも、自然を楽しみつくすべく様々なアクティ ビティを提案。S現在は札幌を拠点にトレイルランニングの魅力・札幌の魅力を探求し発信している。

日光マウンテンランニング 準優勝
尻別岳チャレンジトレイル 優勝
大雪山ウルトラトレイル【40kmの部】優勝
NACニセコトレイルレース 優勝
ルスツトレイルレース 優勝



井原 知一
2007年、IT企業から、スポーツ商社へ転職。当時、身長178センチ、体重98キロ、BMI32の肥満。直後、その体格から、BMIを下げるダイエット企画の社員サンプラーとなる。1日30分、毎日トレッドミルで走った結果、3ヶ月で7キロの減量に成功。それ以来走ることがライフスタイルとなり、トレイルランニングとも出会う。10年前、はじめて走った5キロは「挑戦」だったが、今では100マイルを走れるようになる。100マイルの楽しさにはまり、現時点で100マイルを56本完走。(2020年10月時点 日本人最多)現在の夢は100マイルを100本完走することと共に走る楽しさを広げていくこと。

2020 H.U.R.T 100MILE 23:57:20 4th
2019 信越五岳100mile 20:20:18 4th
2019 Barkley Marathons 39:38:34 Fun Run
2019 HK4TUC 57:30:00 Eighth Ever Finisher
2019 H.U.R.T 100 24:21:19 4th
2018 信越五岳100MILE 21:02:41 7th
2017 Coyote Cohorts Backbone Trail 100mile 21:47:13 1st
2016 Orcas Island 100mile 22:40:42 3rd
2015 UTMF 25:24:59 15th
2014 Antelope Buffalo Run 100mile 17:17:12 2nd
2013 Angeles Crest 100mile 22:28:35 5th
2012 Born to Run100mile, 17:50:00 1st
2011 Chimera 100mile 19:30:33 3rd



吉田香織
マラソンランナー TEAM R×L所属 SALOMONフットウェアーアンバサダー。埼玉県立川越女子高校卒業後、積水化学・資生堂に実業団選手として7年間所属、日本代表選手として国際大会に出場、駅伝・トラックを中心に活躍した。2006年世界陸上代表選考会である北海道マラソンで初マラソン初優勝を飾る。その後、市民ランナーの世界観のなかで、ステージを移しながら、生涯現役を目指し、現役プロランナーとして走り続ける。都内を中心としたイベントやランニング教室の開催、各地でゲストランナーとしてマラソン大会を盛り上げたり、関西大学経済政治非常勤講師としてマラソン開催における経済効果や地方創生・スポーツツーリズムの研究、 JFAこころのプロジェクト等を通じて子供達へ夢を持つことの素晴らしさを伝えたりと、幅広く活動。一人でも多くの方にランニングの楽しさを伝えたいと多岐に渡りマラソン普及活動に務めている。

2019年
青梅マラソン30km 優勝
美ヶ原トレイル 45km 優勝(総合7位)
富士登山競走 5合目コース 優勝
金沢マラソン 優勝(大会新)
さいたま国際マラソン 5位
2020
大阪ハーフマラソン 5位
青梅マラソン 5位



岩井竜太
小学4年生から高校卒業までサッカーに打ち込む。社会人になり、知り合いの誘いでトレイルランニングを始める。どんどんと山を走る魅力に取り憑かれ、今では自身にとって無くてはならないものです。サッカーをやっている時には成し遂げられなかった目標をトレイルランニングの世界で必ず成し遂げたいという強い気持ちを持っています。主に20km〜50kmのショートレース、ミドルレースを得意としており。2021年はスカイラインニングのシリーズ線を中心にレースを転戦予定。自身の運営するトレイルランニングコミュニティー『竜太練』にも力を入れている。トレイルランニングの魅力を発信しています。

2019年
大紀町シーサイドトレイル25km 2位
養老渓谷トレイルレース32km 優勝
経ヶ岳バーテイカルリミット21km 3位
スパトレイル38km 優勝
上州武尊スカイビュートレイル32km 3位
maiple trail(韓国)50km 6位
科野の国ラウンドトレイル32km 3位
2020年
野沢トレイルフェスティバル 7位
石津御嶽登山競争 2位
鋸山トレイルレース ロング 2位



上正原真人
群馬県高崎市出身 小学2年生でサッカーを始める。サッカーの名門前橋育英高校に進学。サッカー選手を諦め一般受験で上智大学に進学。大学2年のときにトレイルランニングに出会い大学卒業後はプロとして活動中。また、2021年中のプロチームの設立を目指して奮闘中。本気で強くなりたいトレイルランナー募集しています。

2019
茨城国体トレイルランニング 優勝
志賀高原エクストリームトレイル 優勝
2020
TSUMAGOI SKYRUN ロング 優勝
安達太良トレイルフェス 準優勝
黒井城トレイルランニングレース 優勝
志賀高原エクストリームトレイル 優勝



陣在ほのか
約10年間陸上競技を行っていましたが、2020年7月からスパルタンレースに競技転向しました。現在は様々なスポーツにチャレンジし、私の活動を通して沢山の方々に恩返しができればと考えています。

【陸上競技 800m】
800mベストタイム 2’09 日本ジュニア 6位
日本選手権 出場
【スパルタンレース】
SPARTAN RACE 2021 YOKOSUKA SUPER Elite 優勝
SPARTAN RACE 2021 NIIGATA BEAST Elite 準優勝
SPARTAN WORLD CHAMPIONSHIP BEAST 日本代表として出場
【バーティカルランニング】
ミライタワースカイラン 優勝



丸山将真
小学2年から大学卒業までサッカーに没頭。その後マラソンを始め、知人からトレイルランニングに誘われ山を走る事を知る。山を走る魅力を知り2020年から本格的に競技に打ち込み2022年シーズンは表彰台に立つ回数を増やして鍛錬中。大学卒業後に通った専門学校で鍼灸あんまマッサージ指圧師の資格を取得し、現在は山岳アスリートやアウトドアスポーツ選手のメディカルサポートをしながら自身の走りとも向き合いながらアクティビティを楽しんでいる。
2021
蔵王スカイラン 3位
志賀高原エクストリームトレイル(スカイランニング日本選手権) 6位
烏帽子スカイレース 5位
琵琶湖バレイスカイレース 4位
伊豆トレイルジャーニー 14位



小林海仁
長野県長野市出身。小学生から陸上競技を始め、大学2年まで陸上競技部に所属。大学3年よりトレイルランニングを始める。学生中はスカイランニングユース世界選手権を目標に、練習に励んだ。卒業後はトレイルランニングのショート・ミドルレンジを中心に転戦中。現在は長野県木島平村へ移住し、地域おこし協力隊として振興局や地元の方々とアウトドアスポーツの発展に力を注ぐと共に、冬はアルペンスキー選手及び指導者として活動している。

2019
経ヶ岳バーティカルリミットショート 1位
あさひトレイルZero to Zero 1位
信州戸隠トレイルランレースショート 1位
スカイランニングユース日本選手権 2位
2020
伊勢志摩ナショナルパークトレイル 2位
ALTRA信州聖山天空トレイルランレース 4位
2021
善光寺ラウンドトレイルランレースショート 1位
スカイランニングユース世界選手権 12位
FTR秩父&奥武蔵30K 1位




吉野大和
中学、高校は陸上部に所属。その後トレイルランニングに出会い2022年Trail&Mountain Running日本代表に選出。ショートからロングとマルチランナーを目指しています。仕事と競技の両立を図りながら世界に挑戦していきたいと思います。

2021年
戸隠マウンテントレイル 3位
志賀高原エクストリームトレイル ミドル3位
伊豆トレイルジャーニー 4位
2022
善光寺ラウンドトレイル ロング優勝



秋山穂乃果
兵庫県西宮市出身。 神戸大学卒業後、毎日放送に入社。 2019年に長野県警察学校に入校した。 高校時代に長距離走、社会人になりトレイルランニングに出会い、2020年伊豆トレイルジャーニー優勝や2021年全日本スカイランニング選手権スカイ部門優勝などランナーとして数々の実績を残している。

2020 伊豆トレイルジャーニー70k 女子優勝
2021 伊豆トレイルジャーニー70k 女子準優勝
2021 志賀高原エクストリームトレイル 32k 女子優勝
2022 OSJ新城ダブル64k 女子優勝




みゃこ
マラソンで出た100kmマラソンの魅力にハマり、走ることが大好きに。Youtube「ウルトラランナーみゃこ」で走ることの楽しさを発信している。




尾藤朋美
CYBERJAPAN GYM代表。ランニングコーチ。ボディメイクアーティスト
運動でココロもカラダもHAPPYにをモットーに運動の楽しさを伝えています。マラソン、トレイルラン 、スパルタンレースなど数々のジャンルで現役アスリートとしても活動中。
SEIZE YOUR DREAM〜有言実行〜 常に夢、目標を公言し自分自身との戦い、新たな挑戦を続けています!
―大会への意気込みー
世界一になります!! この夢を実現させるために今回のシリーズ戦も全力で頑張ります!!

MARATHON DES SABLES 準優勝
白馬岩岳Trail Race 優勝
陣馬山トレイルレース 準優勝




長野安那
長野県長野市出身。 学生時代は陸上の跳躍選手として活躍していたが、社会人になりトレイルランニングと出会い競技の世界に再び目覚める。2019年に前十字靭断裂し同年に再建手術を行うが、翌年レース復帰。現在は、北アルプス・信越エリアの山域で活動し、ALP SKI TEAMインストラクターとしてツアーイベントや大会を運営。トレランをはじめ、ロードバイク、スキー、MTBを楽しむマルチアスリート。主にミドルレンジのレースで闘う。

2021年
榛名山ヒルクライム 榛名湖コース 女子優勝
第14回 スカイライントレイル菅平 ハーフ 優勝
The 4100D マウンテントレイル in 野沢温泉2021 65km 準優勝
第14回 スカイライントレイル菅平 ハーフ 1位
第5回甲州アルプスオートルートチャレンジ マロニエルートチャレンジ 優勝
2022年
モントレイル戸隠マウンテントレイル ロング優勝
つがいけサイクルクラシック 女子準優勝




浦谷美帆
高校部活動でのケガをきっかけに、カラダの仕組みや機能について勉強を始める。フィットネスクラブ就職からフリーランスで活動を始め、11年目に突入。アウトドア志向で、ランニングや屋外ヨガのイベントを定期的に開催するようになり8年。フルマラソンはもちろん、ウルトラマラソン、トレイルレース、縦走、アドベンチャーレース等、現役ランナーとして記録更新に挑戦しながら、ランニングクラブ「ラビットフット」コーチ、大手企業ランニングクラブ専属トレーナーなど、多数の市民ランナーを指導している。「ケガなく楽しく」をモットーに、活動中。

salomon ランニングアンバサダー
FitArc公認ランニングアセスメントスペシャリスト
一般社団法人ライフタイムスポーツ協会認定ジョギンググインストラクター
一般社団法人アウトドアフィットネス協会認定OUTDOOR FITNESS 「BASIC」インストラクター
食育インストラクターprimary
全米ヨガアライアンスTTC200 レベル2
FITVITヨガ/エアロビクス/ピラティスインストラクター
FITNESS STAR JAPAN2018 フィットネスモデル3位入賞
medalistアンバサダー




三浦裕一
学生時は陸上競技を行っており、2014年から本格的にトレイルレースに出場するようになり、次々と表彰台を飾る。2018年にはハセツネCUPで優勝。同年のスカイランニング世界選手権では日本人最高位の10位入賞をする。バーティカルレースからロングレースまで幅広い分野で好成績を残し、現在は地元神奈川県でトレイルランニングチームを運営し、競技の普及活動をしながら国内外のレースでも活躍している。

2017年
上州武尊山スカイビュートレイル129km 総合優勝
スカイランニングアジア選手権コンバインド部門 優勝
2018年
スカイランニング世界選手権スコットランド大会日本代表 10位入賞(日本人トップ)
スカイランニングアジア選手権Ultra部門(2016〜2018 三連覇
日本山岳耐久レース71.5km 総合優勝
北丹沢12時間山岳耐久レース44km 総合優勝
2019年
IAUトレイルランニング世界選手権ポルトガル大会 日本代表
大雪山トレイルジャーニー70km 総合優勝
スカイランニング日本選手権志賀高原エクストリームトレイル Ultra部門 優勝
2021年
MIZUKAMI MOUNTAIN PARTY 64km 優勝
奥信濃100 ショート25km 優勝
2022年
ロッキンベア妙高トレイルレース ロング48km 優勝